2004年01月03日

外壁板の塗装

2004_0130_05s.jpg

この住宅の外壁には土壁を塗っていますが、その上の仕上げは、雨があたりやすい1階部分には杉板を張ることにしています。屋根の庇で保護される2階の腰部分より上だけに漆喰塗りの真壁としました。板も漆喰も土壁を雨から保護することがその大きな役割りになります。
その外壁に張る杉板には柿渋ベースの塗料を塗りました。この杉板の塗装は建て主さん自らの仕事としてお願いしています。スポンジで塗料を塗り、布で均一にふき取とって、乾かします。
杉板は赤白の色合いの差が大きいのですが、塗装することで、その色合いのばらつきは小さくなりました。また、時間が経過してくるとその色の差はさらに小さくなって全体として馴染みのよい感じになるはずです。
(2004.01.30)
posted by 太郎丸 at 10:10| 東村山の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする